様々な精神疾患の症状|脳梗塞の症状を知っておこう|命を全うする為に

脳梗塞の症状を知っておこう|命を全うする為に

女医

様々な精神疾患の症状

ドクター

現代の精神疾患とは

現在はストレス社会と言われています。仕事や人間関係などで人々は様々なストレスを抱えています。ストレスは適度なものであれば問題ありませんが過度なストレスは体や精神に様々な影響を及ぼします。その代表的なものが自律神経失調症です。自律神経失調症という病気はストレスを原因として人間が持つ交感神経と副交感神経のバランスが崩れることによって体に様々な変調をもたらすのが特徴です。例えば代表的な症状としてはめまい、だるさ、慢性的な疲労、頭痛や微熱などがあります。これらは風邪などの症状にも似ているため、まずは内科に行って診察してもらう人が多いようです。内科に行って診察してもらった場合、最初のうちは薬などを処方されたり、様々な検査をする場合があるようです。

病院選びのときは

自律神経失調症の場合、内科的な検査をしても特に異常が見られないことが多いようです。例えば動悸の症状がある場合には心臓疾患を疑うため心電図をとったりしますが、結果としては異常をみつけることはできないようです。その場合、内科的な視点よりも心療内科に受診した方が精神的な影響を医師が考えてくれるので、もし内科に行って症状が回復しない場合は心療内科に行くという工夫が必要になります。特に自律神経失調症のような精神疾患のことについては内科よりも心療内科の方がより適切な診察を受けることが可能です。つまり、一つの病院や医師にだけ頼るのではなく、より多くの病院や医師を利用することが必要となってきます。