医療技術の進展と癌の関係|脳梗塞の症状を知っておこう|命を全うする為に

脳梗塞の症状を知っておこう|命を全うする為に

女医

医療技術の進展と癌の関係

診断

医療技術の進展

がんは昔から、死亡率の高い怖い病気として知られています。その認識は今でも変わらず、世界中で患者は増え続けています。しかし、昔と比べて現在は医療技術が進展し、生存率が緩やかに上がってきています。がん治療には、外科手術・薬物療法・放射線療法という三大治療が基本ですが、近年では重粒子線治療や電子線治療など、最先端の技術が誕生し始めています。数あるがん治療の中からどれを選ぶのかは、個人個人によって異なってきますが、多くの場合には最終的な判断は患者自身に委ねられることになります。そのため、がんになったら情報を得ることを怠らず、また医師などとしっかりコミュニケーションを取ることが大切です。これにより、自分に適したがん治療を選ぶことが可能になり、生存率を上げることに繋がります。

がんによって治療は変わる

自分に適したがん治療を選ぶためには、まずそれぞれの基礎知識などを頭に入れておくことが大切です。がんは進行具合に応じて、ステージ0から4までに分類されます。ステージが進むにつれて外科手術が難しくなり、薬物療法などの緩和治療がきほんになっていきます。また、がんの種類や部位によっても、どのがん治療が有効かは変わってきます。これらの基礎知識はがんになってから得るということが多いですが、がんになる前から情報を得ておくと、実際にがんになった時に素早く対策を行うことが可能になります。また、それぞれのがん治療の最先端技術を受けられる医療機関を調べておくことも有効です。最先端のがん治療を受けようとしても予約が埋まっているという場合が多いので、これよ早めにアプローチをかけることが大切です。がんはいつ発症するか分からないので、日頃からがんの知識や治療の方法などの情報を得ることが、健やかに生きることへと繋がります。