脳梗塞の症状を知っておこう|命を全うする為に

女性

医療技術の進展と癌の関係

診断

がん治療は、外科手術・薬物療法・放射線療法の三大治療を中心として、近年では重粒子線治療や電子線治療などの、最先端のがん治療が誕生しています。がんの種類や部位によって有効な治療な治療は変わってきますので、がん患者になった場合はもちろん、がんではなくても日頃から情報を得ておくことが大切です。

もっと詳しく

脳の血管が詰まること

女の人

突然様態が悪くなる

脳梗塞とは、脳の血管が詰まってしまう病気のことを言います。多くの場合は、一定の時間帯に急に症状が出ることが多いですがゆっくりとおかしな症状に気付くこともあります。脳梗塞の主な症状には、手先の力が急に抜ける、つまずく、片足を引きずって歩く、体の片側が麻痺する、言葉が出てこず上手くしゃべれない、物が二重に見えたり一時的に見えづらくなることがあります。その他にも、急に意識を失って倒れてしまうことがあります。脳梗塞であるかどうかを素人が判断するのは難しいですが、これらの症状を把握して気になる症状が出たらすぐに脳梗塞専門の病院を探して受診します。救急車を呼んで、すぐに搬送してもらう判断も大事になります。

血栓を溶かす治療

脳梗塞の主な治療は薬物治療になります。血管が詰まるのは、血管内に血栓が出来ていてそれが原因で血流が滞っている状態です。そのため、まずは血栓を除去する為に血栓を溶かす薬物が使われます。薬物治療によって、多くの場合は症状を改善させて元の健康な状態に戻ることが出来ます。しかし、脳梗塞になるということは血管の状態が良くなくいつまた詰まってもおかしくない状態にあります。日頃から血流を良くして血栓が出来ないようにすること、血管自体を丈夫にすることが必要になります。そのためには、食事から見直して運動も取り入れるなど生活全体の改善が必要になると言えます。そうすることで、再発の予防にもなり健康の維持につながります。

内科や外科がお勧め

2人の女性

浦安で夜間診療をしている病院をいくつか把握しておきましょう。自宅から近いところにあると便利です。また、内科や外科が設けられているところがお勧めです。深夜に受診する科として多いのが、この二つだからです。

もっと詳しく

様々な精神疾患の症状

ドクター

自律神経失調症という病気は、ストレスが原因になると考えられています。しかし、自律神経失調症の症状としてはめまい、動悸、頭痛などがあり内科に受診に行くことが多いようですが、内科ではなく心療内科の方が適切な診察をしてくれます。特に自律神経失調症のような精神疾患の場合はなおさらです。

もっと詳しく